日本はこの先どうなるの


 

文化放送を聴いていたら

非正規雇用で、奨学金が払えなくて(または払うだけで精一杯)

生活していけない若者が多い

と金子勝さん方が話していた。

 

ここからひとりごと。。。

 

大学の奨学金について考えると

 

お金がなくて大学に行けない」
を解消するには必要な制度であるが、
大学を出ても必ずしもいい(安定した、または奨学金を払いながらも生活していける収入を得られる)就職先に就けるとも限らない。
そうなると奨学金の返済でいっぱいいっぱいになる人も少なくない。

利子があれば更にその返済額は増える。

暮らしていくお金がない

親の年金頼り
又は
低所得者向けの給付頼り

一時的にはどうにかなる?

でもその税金を納めている世代の人口は減っている

子どもを育てる余裕がないので子どもを産まない

ますます将来の納税者が減る

 

という負のループが。。。

 

 

また別のところでは

給与が少ない

働ける人(従業員)が来ない

人手がないので儲からない
または店が回らない

お店を畳む

納税者が減る

。。。。

 

税収が減るだけなら使い道を減らせばいいけど

 

非正規雇用は雇う側に都合のいい制度

 

要は正規雇用よりも、一人当たりに払わなければいけないお金が安く済むから。

非正規雇用者が学生や主夫主婦なら

お互いの条件が合っていてちょうどいいかもしれないが、

学校に通わず(空き時間で働くわけではなく)

生活費を稼ぐために働く身にとっては、

生活していくだけの収入は得られず、損得のバランス?が取れていない。

その日暮らしならできるかもしれないけど

そんなひとの割合が増えていったら本当に日本はどうなるのだろう。

 

政治家は政治家なのか

 

安倍首相世代の政治家で、

日本の将来を考えている人はどれだけいるのだろう。

自分たちの利益だけ考えている人も少なくないのでは?(舛添さんだけじゃない)

かといって同時進行で取り掛からなくてはいけない課題が多すぎる。
雇用、介護、高齢者、教育、生活保護
最近話題の保育士不足、外交、それに災害も。

思いつかないだけで他にももっとあるでしょうか。

やらなきゃいけないことが沢山あるのに。

優秀な人が足りないのか、

やろうとしているのに邪魔する人がいて進まないのか。

海外視察の名目でスイートルームに泊まっている場合?
その視察本当に必要?
視察して、それ活かせてるの?
その時間他に使えない?

いっぱいお金もらってるのに、
税金で経費として落とされる項目多すぎじゃない?(舛添さんとか)

この決まりができたときと今の日本の状況違うんじゃない?
税収減ってるんじゃない?
憲法変えるより身近な制度を見直してよ。

保育士の賃金増やすのだって遅いし少ない。
そんなんじゃ、今後の成り手の意識は変わらないんじゃない?

 

人材の行方

 

第一次産業を担う若者少ないけど大丈夫?
こっちも成り手少ないのもそろそろ取り掛からないと。
間に合わなくなる!?

携帯スマホ代高いのは、
研究費もあるかもだけど結局人件費でしょ。

携帯コーナーにあんなに店員いる?
平日暇そうだけど。
その分他の仕事に回せないの?
そしたら人件費削れてスマホ安くならないの?
そしたらその分第一次産業の成り手に回らないかな?

就活で企業は学生を呼び込むけど、

第一次産業の成り手にならないかって

呼び込まないと人来ないんじゃ?

個人レベルでは限界があるのか。

とにかく今後の日本が心配
どうなる、日本

こんなことを考えている人がどれだけいるのだろう。
毎日の生活で精一杯では、とにかく今日を生きねばと。
将来を見据えてばかりじゃつまらないけど、
先々を考えないと取り返しがつかなくなりそうで

メモメモ。。。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA