子どもを産んで助けられるようになった。情けは人のためならず、な話


 

こんにちは、おならおばけです。

昨日今日と東京は35度を超える暑さで、

外に出るのもいやになりますねー

特に子どもを抱っこしてのお出かけは、母子ともに暑くて。

抱っこしていて接している面は汗で張り付くほどです。

赤ちゃんってすごいと思うのが、

そんな暑さの中でも眠いときにはしっかり寝ていること。

私は息子を抱っこひもで抱っこして自転車で移動するのですが

私が「あっつー。ひえー」とへたってしまいそうな暑さの中でも

息子はお昼寝の時間になると汗だくになりながら寝ています。

よく寝れるなー

といつも感心しつつ

こんな汗だくでは熱中症になるのでは!?といつも心配しております。

 

 

泣く息子。

涼しいけど温かい美容院

 

さて、そんなうだるような暑さの中

心もホットになる出来事がありました。

 

今日は自転車をこいで20分ほどのところまで

美容院に行ってきました。

もちろん息子にも一緒についてきてもらって。

 

美容院に息子を連れていくのは今日で二回目

店員さんは若い方が多く、店長さんは一児のパパさんです。

前回息子は全く泣くことなく、終始ご機嫌で大人しくしてくれていて

すんなり施術を受けることができました。

さて、今回はどうかな??

 

息子を見ていてもらい、シャンプーに行きました。

少しすると、なんだか遠くで「ひやあああー」と泣く声が。。。

でもすぐ泣き止んだようでした。

店長さんにシャンプーをしてもらっているとき、

「前回は大人しかったですよねー。普段泣くんですか??泣くことなさそうでうすが」

みたいなことを話していました。

「泣きますよー。家でも姿が見えないと泣きます。」

店長さんにはさっきの息子の声は聞こえなかったみたいです。

 

 

シャンプーを終え、席に戻ると

若い女性スタッフさんが息子をあやしてくれていました。

しかし、息子はがん泣き。。。

女性は平気なことが多いのですが、男性にはたまに人見知りをしてしまう息子。

どうやら店長さんに人見知りしてしまった様子。

「ひやあああああーひやあーあああああー」

店長さんと「あんまり泣かないね」みたいな話をしていたばかりだったので

「僕は泣くよ!」って言ってるみたいですね。。笑

私が抱っこしても、「ああああー」と泣く息子。

ありゃりゃ、このままじゃカットどころじゃないな、と思っていると・・・

店員さんが4、5人代わる代わる来て下さり、

おもちゃを持ってきてくれたり、汗を拭いてくれたり、

タブレットで「赤ちゃん 泣き止む」の動画を見せてくれたり・・・

どうにか息子を泣き止ませようとしてくれました。

 

そして先ほどの女性スタッフさんが抱っこして、揺れたりしてくれたおかげで

どうにか落ち着くことができました。

後半は店長さんにも慣れ、ご機嫌になった息子。

スタッフのみなさんが息子にかまってくれたおかげで

私はゆっくり雑誌を読みながらカットしてもらうことができました。

10キロを超える息子。

普段抱っこしないお姉さんにはだいぶ重かったと思います。

それに嫌な顔ひとつせず対応してくれた店員のみなさん。

本当に感謝です。

 

【数量限定】レブール シャンプー&トリートメントセット モイスト&グロスシャンプー フラワーシャワーボトル【シャイニーフローラルの香り】【ジャパンゲートウェイ】 シャンプー(500ml)&コンディショナー(500ml)<

 

 息子を抱き、リュックを背負う。

そんな私を救ったHEROたち

 

無事に美容院を終え、昼食を食べるために近くのフードコートに行きました。

平日のお昼、暑い日ということもあり、

そこにはお年寄りの方が7割、夏休み中の子どもたちが2割、子ども連れが1割

といったお客さんでにぎわっていました。

私は前述したとおり、息子を抱っこひもで抱っこしています。

鞄はリュック、それとは別に息子用グッズの手提げ。

ご飯を注文後、外の暑さの余韻で抱っこひもを一度とりました。

「あー暑かったね」と息子もお茶を飲みます。

すると料理が出来上がったようで、ブザーが。

もう一度息子を抱っこし、リュックを背負い、手提げは席に置き、

料理を受け取りに行きました。

私はその状態で料理を運ぼうとしたのですが、

見かねた店員さんが「持っていきますよ」と言って運んでくれました。

それも素敵な笑顔で。ありがたい。

 

お言葉に甘え、先に席で待っていると

近くにいた親子とみられる女性二人が話しかけてくれました。

「可愛いねー重いでしょう」と。

そして娘さんが私の息子と同じように大きくて大変だったのよ、

でも可愛いねー、と。

ニコニコして話してくれるそのお顔がとっても優しくて、とっても癒されました。

 

料理も届けてもらい、食べる準備をしていると、

今度は向かい側に座るご夫婦

「あるよ。あれあるよ。」と

なんのこと?と思ってそちらを向くと、

子ども用の椅子があることを私に教えてくれていました。

このとき私は子ども用のチェアーベルトで息子を大人用椅子に座らせていて、

子ども用椅子の存在に気づいていませんでした。

「おお!ありがとうございます。あったんですね!」と言い、取りに行こうとすると

ご婦人が「危ないからお母さんはお子さんを見ていなさい。あなた(ご主人)、取ってきてあげて。」と。

ご主人は「あ、俺がね」という表情でしたが、子ども用椅子を持ってきてくれました。

そして息子をその椅子に座らせ直して、安心してご飯を食べることができました。

 

私たちがまだ食べているとき、もう食事を終えたようで

先ほどの親子も、ご夫婦も、「それじゃあね」と言って帰っていかれました。

料理を快く運んでくださった店員さんにも、親子にもご夫婦にも、

私はお礼を言うことしかできなかったけれど、本当に嬉しいし、心が温かくなりました。

 

 

今日のお礼は

誰かに優しくすることで返します

 

美容院の方々にも、フードコートで会った方々にも、感謝の気持ちでいっぱいです。

それぞれの方に返すことはできないけど、私も今日優しくしてくれた方のように

誰かに優しく接したいと思ったのでした。

 

子どもとのおでかけは大変だし、今の時期は暑くて大変だけど

こういうことがあると、外に出て人と接するのが楽しくなりますね。

暑いけど、外出もしよう。

あー良い一日だった!!

 

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA